瓜田純士の現在は怪我だらけの人生?小指に関する伝説は本当だった!?

スポンサーリンク
ニュース

こんにちは。

最近の瓜田純士さんはボクシングの練習中に、顔面数か所骨折したとして報道されています。

いかにも練習試合レベルの度を超えた怪我をされて、もしかしたら複数人でやられた可能性もある・・・という見方も出てきております。

そんな瓜田純士さんには「小指に関する伝説」があるようです。

いったいどんな伝説なのか・・・?この疑問を解決していこうと思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

瓜田純士の現在は怪我だらけの人生?小指に関する伝説は本当だった!?

瓜田純士

プロフィール

名前:瓜田 純士(うりた じゅんし)

生年月日:1979年12月4日

出身:東京都

血液型:A型

職業:作家

☝瓜田純士さんは3度の離婚を経験し、結婚されています。

どういう人物なの?

「関東連合の瓜田純士」と聞いても、「誰だろう?」と思う人もいることでしょう。

関東連合と言えば、とても怖い集団のイメージもあるので、関東連合の瓜田純士と聞いただけで、「怖い人なのではないか?」と思ってしまうものです。

瓜田純士さんの生年月日を見ると、ちょうど関東連合が活躍していた世代というのが分かるのではないでしょうか?

活動内容を見ると、「作家」となっております。

瓜田純士さんは、作家の顔も持つ人物なのです。

作家活動を中心に活躍

瓜田純士さんは現在作家として活躍しています。

なんと・・・!

服役中に5500人もの人が参加した刑務所内の文芸コンクールで大賞を受賞しているのです。

これをきっかけに、何かを書くということに目覚めたのです。

服役中だったとは言え、自分のできることを見つけられたというのは、非常にプラスだったのではないでしょうか?

その後も執筆活動をし続け、何作もの作品を出版しています。

現在も何かの作品を書いているのではないでしょうか。

色んな人生経験をしてきた瓜田純士さんだからこそ、書ける本というものがあるのでしょうね。

小学1年から喧嘩が絶えない人生

本当はさみしかったのか?

瓜田純士さんの父親と母親は離婚しています。

瓜田純士さんは母親に育てられたのですが、母親も元レディースだったと噂されています。

そして、瓜田純士さんのお兄さんはとても体が弱く、母親は兄の面倒にかかりっきりだったとも言われています。

そのせいか、瓜田純士さんは小学生の頃から喧嘩を繰り返すようになったのです。

気に入らない人をトイレに呼び出しては痛めつけるという行動をし、中学生になると、ますます瓜田純士さんの行動は問題を大きくしていきました。

あまりの素行の悪さに、中学校を変えさせられるということまで起きているのです。

もう誰も手に負えない状態になっていたのではないでしょうか・・・?

本当は親の愛情をたくさん感じたかったのかもしれません。

17歳で暴力団組員となる

瓜田純士さんは、中学卒業後は高校に進学していません。

最初は土建会社で働いていたのですが、半年ほどで辞めております。

そして、見立真一により「梅里スペクター」という暴走族に入ることを勧められえたのですが、こちらのお誘いは断っているのです。

この断った理由が、父親が暴走族だったからです。

母親と離婚して家族の元からいなくなった父親のことを、瓜田純士さんは軽蔑していたのです。

小さい頃からそれを見てきた瓜田純士さんは、暴走族になることを心から拒否したのです。

そして、17歳のときに指定暴力団極東会桜成会長谷川組に加入し、暴力団組員になったのです。

瓜田純士には小指がない!?

自分で「食いちぎった」と発言している

瓜田純士さんは、小指がないと言われています。

闇の世界で小指がないということは、禊を思い浮かべる人が多いでしょう。

なぜ、瓜田純士は小指がないのでしょうか?

左手の小指がない瓜田純士さんは、小指について「自分で食いちぎった」と発言しています。

しかし、小指を食いちぎるというのは、よっぽど精神状態がおかしくないかぎりできないことでしょう・・・。

真実は実際どうなのか分かりませんが、食いちぎった発言をしてるので、小指を食いちぎった伝説を瓜田純士さんは持っているともいえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

左手の小指がない瓜田純士さんは、自身の小指について「自分で食いちぎった」と公言しています。

事件や事故で小指を無くしたのではなく、自分で食いちぎるとは・・・。

これが、小指に関する伝説となったのです。

作家として活躍しながら、最近は格闘技にも挑戦している瓜田純士さん。

しかし、格闘技の練習中に顔面数か所骨折するという事態に陥り、なんかの事件に巻き込まれそうな予感はします。

生きるか死ぬかで人生を過ごしてきた瓜田純士さん。

どうか、命だけは大切に・・・。

以上、koniiのおはなしでした!

コメント

Translate »
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました