【画像】高瀬隼子がかわいい!旦那さんはどんな人?家族構成についてまとめてみた

スポンサーリンク
ニュース

こんにちは。

第167回芥川賞を受賞した「おしいごはんが食べられますように」の作者である高瀬隼子(たかせじゅんこ)さん。

美人作家として話題となっていますよね。

高瀬隼子さんの旦那さんはどんな人なのか・・・?

家族構成についても気になったので調べてみました。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

【画像】高瀬隼子がかわいい!旦那さんはどんな人?家族構成についてまとめてみた

高瀬隼子

プロフィール

名前:高瀬 隼子(たかせ じゅんこ)

生年月日:1988年

出身:愛媛県新居浜市

出身高校:愛媛県立新居浜西高校

出身大学:立命館大学文学部

職業:小説家

経歴(略歴)

●大学の仲間を中心とした文芸サークル「京都ジャンクション」を結成し、「高瀬遊」名義で文学フリマなどで活動する。

2019年令和元年)

●「犬のかたちをしているもの」で第43回すばる文学賞を受賞

2021年(令和3年)

●「水たまりで息をする」で第165回芥川賞候補

2022年(令和4年)

●「おいしいごはんが食べられますように」で167回芥川賞受賞

「おしいごはんが食べられますように」

第167回芥川賞を受賞した「おしいごはんが食べられますように」の作者である高瀬隼子さん。

大学在学中から仲間と結成した文芸サークル「京都ジャンクション」で「高瀬遊」名義で活動しています。

立命館大学卒業後、教育関係の会社で事務職をしながら、仕事が終わったあとの夜や休日に小説を書いています。

小説家は子供の頃からの夢で、何とか生き残って書き続けていきたいとのこと。

高瀬隼子の旦那は?

一般男性

高瀬隼子さんの旦那さんの顔写真や名前の情報はネット上にはなく、公開されていません。

旦那さんはおそらく一般の方なので、公の場に出てくる機会はなかったのでしょう。

また、デビュー作である「犬のかたちをしているもの」を賞に応募するときに、原稿を綴じる黒いひもが見つからず、高瀬さんは応募を諦めかけていました。

しかし、旦那さんが自転車であちこち探し回って黒い紐を見つけてきてくれたというエピソードが語られています。

子供の頃から小説家になるのが夢だったという高瀬さんの夢を応援してくれる優しい旦那さん。

「犬のかたちをしているもの」がすばる文学賞を受賞したのは2019年です。

少なくとも・・・2019年には旦那さんと結婚していたと思われます!

家族構成について

高瀬隼子さんには旦那さんがいることが分かっています。

ですが、子供の情報についてはネット上やSNSにはありませんでした。

ご結婚はされていても、もしかしたら子供がいない夫婦なのかもしれません。

何か情報が分かり次第、今後、更新していきます。

スポンサーリンク

まとめ

第167回芥川賞を受賞した「おしいごはんが食べられますように」の作者である高瀬隼子さん。

小説家は子供の頃からの夢で、何とか生き残って書き続けていきたいとのこと。

とても気品のある女性です。

これからもたくさんの小説を書き続けていくことでしょう。

以上、koniiのおはなしでした!

コメント

Translate »
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました